おすすめの探偵事務所一覧

自分で浮気の証拠集めをするのは危険!

危険

自分で浮気の証拠集めをしようと思っている方に、まず知っていただきたいことがあります。
実は、素人の浮気の証拠集めには、様々な危険なポイントがあるのです。

 

そこで、失敗しやすいポイントや危険にさらされる場合の例を挙げて説明していきましょう。

 

素人の浮気の証拠集めで失敗しやすいポイントとは?

 

浮気現場の写真撮影

 

探偵社の浮気の証拠集めというのは、ビデオカメラを使用しての撮影が一般的とされていますが、調査員でさえ困難な作業といわれています。
ましてや、素人の浮気現場の写真撮影は、相手がホテルに入って、ホテルを出てきたところまでの一部始終を撮影する必要がある為、難易度が高い調査といえます。

 

更に、シャッターの音やフラッシュなどで相手に気づかれやすい事において、浮気の証拠集めに失敗しやすいポイントです。
万が一パートナーに浮気の証拠集め気づかれてしまった場合、探偵に調査を依頼しても、相手は証拠を隠蔽する為に徹底的に警戒され、浮気の証拠集めの成功率が下がるというリスクがあります。

 

浮気を探る為の尾行

 

尾行とは、「歩き・自転車・車」にしても、難易度が非常に高く、場合によっては交通事故に遭いやすく、浮気の証拠集めが失敗しやすいポイントです。
また、まず相手に見つかってしまう危険も高いです。
そして見失わないように尾行するのは大変難しい作業です。
更に、相手を尾行して証拠写真を撮るつもりが、第三者から不審者情報として近所の住人に通報され、調査が失敗しやすい原因となります。

 

GPSを付けた車を尾行するとき

 

浮気の証拠集めで最も危険な行動は、「車の尾行」です。
GPSを確認しながら車を追跡する事は、いわばよそ見運転をずっとしなければならないことになりますから、極めて難しい作業です。
GPSで居場所を把握するナビゲーターと運転手と2人が必要となります。
その為、信頼出来る友人などに相談しながら浮気の証拠集めを協力してもらう必要があります。

 

また、相手を見失ってしまった場合、GPSにばかり気を取られてしまい、前方不注意による運転や急な進路変更などの無謀な運転を繰り返し、交通事故を起こしてしまう例も少なくありません。
その意味では、運転免許証を取得したばかりの初心者の方や運転技術のない方による車の尾行による追跡は、非常に危険であることは言うまでもありません。

 

 

このように、失敗しがちな危険なポイントは、素人が実際にやってみたときに必ずぶつかってしまう問題です。
ですから、信頼できる探偵事務所に、まず相談してみるのがおすすめです。