浮気の証拠写真・映像の撮り方│撮影すべき現場とは?盗撮にならない?

写真や映像は、きちんと記録できれば浮気の有力な証拠になります。
ここでは、浮気の証拠として使える写真や映像の撮り方について見ていきましょう。

 

 

浮気の証拠写真とは?どのようなシーンを撮影するべき?

現場写真

パートナーと浮気相手が抱擁している、キスをしている、というだけでは証拠写真にはなりません。
あくまでも、不貞行為とされる肉体関係を証明できる写真がないと、浮気をしたことを立証付ける証拠にはならないのです。
具体的には、浮気相手とラブホテルや浮気相手の自宅に入っていくところを撮影します。
浮気(=不貞行為)ということがはっきりわかる状況であることがポイントです。

 

1回だけでは不十分の場合も

また、不貞行為があったことを証明するためには、1回だけではなく2〜3回くらい浮気現場を押さえる必要があります。
一度限りの関係だと、裁判や法廷で浮気を立証する事実が成り立たなくなる場合があります。

 

もし一回だけの浮気現場を押さえたのであれば、ホテルに入るところだけではなく、手を繋いで歩いているところや食事をしているところなども撮影しておきましょう。

 

浮気現場の写真撮影方法は?

カメラ

写真を撮影する際には、デジタルカメラでシャッターを切る音を消し、連続してシャッターを切って撮影しましょう。
デジタルカメラをお持ちの方は、「連写モード」にして、シャッターを切ります。
また、動画撮影モードがあるデジカメなら、映像も撮っておくと良いです。

 

とっさに使えるのが携帯電話しかなかった場合でも、最近のスマートフォンであれば画質もある程度ありますし、証拠になるでしょう。

 

顔まではっきり写す!

顔が写っていれば動かぬ証拠となります。
特に、ホテルに車で入っていくシーンは要注意です。
車だけでは誰が乗っているかまではわかりませんので、2人が車から出てきたところや、一緒に歩いて行くところをフォーカスします。

 

撮影にベストな時間帯や状況について

浮気をしている様子を写真で撮る際には、日中がベストな時間帯です。
しかし、ラブホテルなどに出入りするのは夜間が多いです。
夜間にフラッシュを焚かずにはっきりと撮影するには、専用のカメラが必要になります。

 

ばれないように後をつけるには?

尾行は相手に気づかれないように変装したり、見つからないようにする事が重要です。
変装と言っても、サングラスやマスク、帽子など大掛かりなことをしてはかえって怪しまれてしまいます。
途中で服の色を変えたりジャケットを脱いだり、普段メガネを掛けていない人ならメガネを掛けたりするなど、その場にいても違和感のない人物になることがポイントです。
ただし、顔見知りの人が近くにいたら、ましてやパートナーという身近な人がいたら相手もすぐに気付いてしまう可能性があります。
万一のことを想定して、できる限り知り合いや友人に撮影を依頼するのが望ましい方法です。

 

スパイカメラなどのグッズは浮気の証拠集めに使える?

スパイグッズ

最近はスパイカメラや盗聴器など、浮気の証拠集めに使えそうなグッズが多数市販されています。

 

持ち運びタイプのカメラ

スパイカメラと言うと、映画やドラマに登場するペン型腕時計型消しゴム型などの超小型カメラが有名です。
メガネに隠しカメラを搭載したものや、モバイルバッテリー型など、様々な形で作られています。
そのような外に持ち歩いて現場で証拠を押さえるためのカメラ以外にも、据え置きで使うタイプのカメラもあります。

 

据え置きタイプのカメラ

ティッシュケース置時計のようなインテリアとしても使える実用性を備えたビデオカメラや、ハンガーフックとして違和感なく部屋に取り付けられるタイプのカメラもあります。
中には、電球型のカメラに市販のmicroSDをセットしたものを、部屋の電球と交換するだけで使えるものもあります。
工事や配線が不要な上に、電源が入ると同時に自動で録画が開始され、暗くなると赤外線LEDに切り替わります。
暗い中でも動くものを感知して録画するので、自宅への連れ込みがある場合には使えそうです。

 

集音・録音グッズも小型化

一般的なICレコーダーや携帯の録音機能で会話を録音する人もいますが、意外と録音していることを周りの人に気づかれてしまいます。
スパイグッズとして開発された集音・録音グッズには、高級ボールペン電卓として使いながらこっそり録音できるタイプのものもあります。
カメラと併せて使用すればなお効果的でしょう。

 

隠れて撮った写真は合法的な証拠になる?

違法になる可能性

スパイカメラや集音・録音グッズが小型化し、性能がよくなっていることは先に述べた通りです。
しかし、このようなグッズでこっそりと録画や撮影、録音などした映像や音声は合法的な証拠として使えるのでしょうか?

 

違法になる場合

単なる盗撮・盗聴目的と判断されると違法になりますから、気を付けなければなりません。
例えば、被写体に承認を得ずに撮影すると個人情報保護法に触れる可能性がありますし、裸や一部衣服を脱ぐような場所で裸の姿を撮影すると軽犯罪法や各自治体の迷惑防止条例に違反すると判断されることがあります。
また、許可なく利用目的以外で施設に入ると建造物侵入罪にかかる可能性もありますから注意が必要です。

 

証拠として認められる場合

一方、隠し撮りや盗み聞きにやむを得ないと判断される合法的な理由がある場合は認められます。
浮気に関して言えば、撮影・録音の目的はパートナーの不貞行為に対し法的措置を取るための証拠集め、ということになります。
とは言え、慣れない素人が録画や録音を行うと、大事な部分がうまく撮れず証拠として認められなかったり、相手にばれて盗撮・盗聴だと騒がれたりするケースも少なくありません。

 

最終的な証拠集めは探偵に依頼する

上記のように、浮気現場の写真を撮るなどの証拠集めは、素人が全て一人で実行するのは難しいです。
ですから、より確実で安全な方法で証拠を入手するのであれば、法律にも詳しく、機械の取り扱いにも慣れている探偵事務所に浮気調査を依頼することをおすすめします。

 

特におすすめなのは原一探偵事務所

創業40年以上の原一探偵事務所は、浮気調査の実績を多数持つ大手探偵事務所の一つです。
原一探偵事務所の報告書や映像は裁判でも充分に使うことができ、こちらが有利になるためには不可欠です。
調査範囲は全国対応、さらには海外にも対応しているので、自分が気軽に行けないような場所でも代わりに行って証拠を掴んでもらえます。

 

まずは無料相談から始めてみましょう。
匿名で問い合わせできますし、実際に調査するときも依頼人の存在がターゲットに知られることはありません。
パートナーに見つかって警戒される前に、早めに相談するのがベストです。

 

無料電話相談:0120-70-1622

 

原一探偵事務所公式サイトはコチラをクリック>>

 

原一公式サイトはこちら

 

まとめ:素人の浮気現場撮影は困難!早めに探偵に相談を

自分で浮気現場の写真を撮る方法はないわけではありませんが、素人には難しく危険も伴います。
それに、パートナーに気付かれたことで関係がさらに悪化し、話し合いがまともに進まなくなってしまうかもしれません。

 

浮気現場の撮影には探偵の浮気調査が最適です。
大手探偵事務所なら法に触れたり、相手にばれたりせずに確実に証拠を集めてくれます。
その後の離婚、慰謝料請求もサポートしてもらえますから、全て一人で手続きするよりも探偵を頼った方が賢明でしょう。

 

当サイトでは、先ほどおすすめした原一探偵事務所をはじめ、浮気調査の実績がある探偵事務所を数社紹介しています。
下記のボタンから詳細を確認し、自分に合いそうなところを探してみて下さい。

 

浮気を写真・映像で確実に証明!探偵事務所一覧はこちら(↓)をクリック

おすすめの探偵事務所一覧