おすすめの探偵事務所一覧

浮気の証拠写真・映像の取り方

写真や映像は、きちんと記録できれば浮気の有力な証拠になります。
ここでは、浮気の証拠に使える写真や映像の取り方について見ていきましょう。

 

写真は連射で撮る/動画は携帯でも撮れる

 

写真を撮影する際には、デジタルカメラでシャッターを切る音を消し、連続してシャッターを切って撮影しましょう。
デジタルカメラをお持ちの方は、「連写モード」にして、シャッターを切ります。
また、ムービー撮影モードがあるデジカメであれば、映像も取っておくと良いです。

 

とっさに使えるのが携帯電話しかなかった場合でも、最近のスマートフォンであれば画質もある程度ありますし、証拠になるでしょう。

 

どのような状況を撮影するべき?

 

浮気という事がはっきりと分かる状況を撮影します。

 

例えば、浮気相手とラブホテルに入っていく所を撮影します。
ただ、車で入っていくだけでは顔が誰なのか分かりませんので、2人が一緒に歩いて行くところをフォーカスします。

 

撮影にベストな時間帯や状況について

 

浮気をしている様子を写真で撮る際には、日中がベストな時間帯です。
尾行は、相手に気づかれないように変装したり、見つからないようにする事が重要ですが、万一の事を想定して、出来る限り知り合いや友人に撮影を依頼するのが望ましい方法です。

 

しかし、ラブホテルなどに出入りするのは夜間が多いです。
夜間にフラッシュを焚かずにはっきりと撮影するには、専用のカメラが必要になります。

 

写真を撮る際に気をつけるポイントとは?

 

対象者同士がキスをしているだけでは、証拠写真にはなりません。
あくまでも、不貞行為とされる肉体関係を証明できる写真がないと、浮気をした事を立証付ける証拠にはならないのです。

 

その為、一回だけの浮気現場を押えたのであれば、ホテルに入るところだけではなく、手を繋いで歩いているところや食事をしている所なども撮影しておきましょう。

 

また、不貞行為があったことを証明する為には、1回だけではなく2〜3回くらい浮気現場を押える必要があります。
裁判や法廷で浮気を立証する事実が成り立たなくなる場合があります。
その辺りも注意しておきましょう。

 

最終的には探偵に頼む方法がベスト

 

上記のように、浮気現場の証拠写真を撮る方法について説明していきましたが、これらを素人である主婦が一人で全て実行に移すのは難しいのです。
より確実で安全な方法で浮気現場の証拠を入手するのであれば、探偵事務所で浮気調査を依頼する事をおすすめします。