おすすめの探偵事務所一覧

スパイカメラやグッズは浮気の証拠集めに使える?

最近はスパイカメラや盗聴器など、浮気の証拠集めに使えそうなグッズが多数市販されています。
しかし、そのようなグッズを使って集めた証拠は合法的にみとめられるのでしょうか?
ここでは、そんな気になる疑問についてお答えしていきます。

 

スパイカメラには色々なタイプがあります

スパイグッズ

スパイカメラと言うと、映画やドラマに登場するペン型腕時計型消しゴム型などの超小型カメラが有名ですね。
メガネに隠しカメラを搭載したものや、モバイルバッテリー型など、様々な形で作られています。
そのような外に持ち歩いて現場で証拠を押さえるためのカメラ以外にも、据え置きでつかうタイプのカメラもあります。

 

本物そっくり違和感ナシの据え置きタイプのカメラがある!

ティッシュケース置時計のようなインテリアとしても使える実用性を備えたビデオカメラや、ハンガーフックとして違和感なく部屋に取り付けられるタイプのカメラもあります。
中には、電球型のカメラに市販のmicroSDをセットしたものを、部屋の電球と交換するだけで使えるものもあります。
工事や配線が不要な上に、電源が入ると同時に自動で録画が開始され、暗くなると赤外線LEDに切り替わります。
暗い中でも動くものを感知して録画するので、自宅への連れ込みがある場合には使えそうです。

 

集音・録音グッズも小型化

一般的なICレコーダーや携帯の録音機能で会話を録音する人もいますが、意外と録音していることを周りの人に気づかれてしまいます。
スパイグッズとして開発された集音・録音グッズには、高級ボールペンや電卓として使いながらこっそり録音できるタイプの物もあります。
カメラと併せて使用すればなお効果的でしょう。

 

合法的な証拠として利用できる?

違法になる可能性

スパイカメラや集音・録音グッズが小型化し、性能がよくなっていることは先に述べた通りです。
しかし、このようなグッズでこっそりと録画や撮影、録音などした映像や音声は合法的な証拠として使えるのでしょうか?
単なる盗撮・盗聴目的と判断されると違法になりますから、気を付けなければなりません。

 

例えば、被写体に承認を得ずに撮影すると個人情報保護法に触れる可能性がありますし、裸や一部衣服を脱ぐような場所で裸の姿を撮影すると軽犯罪法や各自治体の迷惑防止条例に違反すると判断されることがあります。
また、許可なく利用目的以外で施設に入ると建造物侵入罪にかかる可能性もありますから注意が必要です。

 

ただし、隠し撮りや盗み聞きがやむを得ないと判断される合法的な理由がある場合は認められます。
とは言え、スパイグッズの取り扱いに慣れない素人が録画や録音を使用とすると、大事な部分がうまく撮れなかったり、相手にばれてしまったりすることも少なくありません。
ですから、法律にも詳しく、機械の取り扱いにも慣れている原一探偵事務所などに調査を依頼した方が確実です。