おすすめの探偵事務所一覧

浮気調査は徹底的に!

旦那の浮気が原因で離婚した場合、離婚時の取り決めによってその後の人生が大きく変わってきます。

 

夫は浮気をしている!と思っても本人が浮気を認めず「気持ちが覚めただけ」などと言って「慰謝料を払うから別れてくれ」などと言われた場合あなたならどうしますか?

 

子供がいるなら、養育費の取り決めをして欲しい、慰謝料を増額して欲しいなどと話し合われる方が多いのではないでしょうか?

 

仮に、協議の結果当初旦那から言われていた慰謝料100万円が300万円になり養育費も5万円などと取り決めたとします。

 

300万の慰謝料は一時金ですか?慰謝料は分割で養育費と一緒に月々払う!なんて言われたらどうします?

 

離婚というのはそうそう経験するわけではありませんし、疑いもせず、合意する方も中にはいるかもしれません。
実際のところ、分割での慰謝料や養育費は初めの数ヶ月だけしか支払われないということが多々あります。
というより、最後まできちんと払い続けたという人の方が稀なくらいです。

 

子供を抱え働きながら、慰謝料や養育費をあてに何とか生活しようと思っていても、数ヶ月で元夫からの支払いがストップ。
連絡を取っても「そんな約束していない」など取り合ってもらえない…こんなケースは、実は珍しくないのですね。

 

そうならないためには、夫が浮気をしていると思った時点で証拠固めをしておきましょう。
夫から離婚したいといわれたにせよ、自分から離婚を申し出るにしろ
不貞行為の証拠があれば、慰謝料・財産分与・養育費・親権・監護権などの条件を優位に進めることが出来ます。

 

協議離婚の場合でも公正証書など取り交わした内容についてしっかりと証拠をとっておく必要があります。
調停による裁判の時にも浮気の証拠は動かしがたい事実となり、調停を有利に進めることが出来ます。

 

調停で、慰謝料や養育費など分割と決めたけれど、支払いがストップしたなどの場合は、裁判所に申し出れば元夫に履行勧告をしてもらうことが出来ます。

 

また、浮気の証拠があれば相手の女性にも慰謝料請求ができます。

 

離婚後の生活を支えるために大切なお金!
慰謝料や養育費はいうまでもなく大切ですが、それだけではなく親権や監護権など権利を主張するためにも「証拠」は大切です。
相手の浮気が原因で離婚するなら、しっかり証拠を押さえて離婚後の生活を安定させるためのお金と権利を確保しましょう。

 

 

浮気調査なら信頼と実績のある原一探偵事務所に依頼すれば敏速に対応してくれますし
その後、法的手続きなどが必要になった場合でもサポートしてもらえます。